FXで取引する場合のレバレッジ設定は慎重にしてください。

FXで取引する場合のレバレッジ設定は慎重にしてください。

FXはレバレッジ取引が可能なので効率的に資産運用をすることが可能です。
うまくいっている時は良いのですが、為替ですから上がる時も下がる時も必ずあります。
なので悪い方向に向かった場合に全てを失わないようにコントロールをする必要があります。
一つ例を挙げてご説明いたします。
1米ドル=100円の時に1,000米ドル購入したとします。
レバレッジが1倍であれば1,000×100=100,000円となりますが
10倍の場合は100,000円÷10=10,000円で1,000米ドル購入した時です。
50,000円で1,000米ドル購入すると2倍となります。
出資金とレバレッジの関係はお分かりいただけましたでしょうか?
ここからは為替変動によって、出資金がどのように変化するのかをご説明します。
ここでも例を挙げて説明します。
仮に1米ドル=100円から95円の円高になったとします。
(100 - 95)*1,000米ドル=5,000円の損失になります。
レバレッジが1倍であれば100,000円出資していますので100,000 - 5,000 = 95,000円が残ります。
レバレッジが10倍の場合は10,000円しか出資していないので 10,000 - 5,000 = 5,000円となります。
同じ5,000円の損失には変わりませんが損失率が異なってきます。

レバレッジが1倍の場合は5%ですが、10倍の場合は50%となります。
つまりレバレッジの倍数と一緒になります。
先ほどの例では100円から95円への円高でしたが
100円から90円の円高になった場合はこうなります。
(100-90)*1,000米ドル=10,000円
つまり出資金を全て失ってしまうのです。
短期で10円動くことは少ないのですが、中長期(数か月~数年)で見れば
10円ぐらい動いてしまいます。
特に円安に動いている時には周りの流れに沿ってレバレッジを高くする傾向がありますが、
円安に向かっているということは円高に振れたときにそれだけ下落幅が大きくなっていると言うことです。
流れに乗ることも大事ですが、資産を失わないことはもっと大事ですので
こういった知識も頭に入れて取引をしていただけたらと思います。