FXの確定申告に関する豆知識を紹介します。

FXの確定申告に関する豆知識を紹介します。

FXを副業として行う人が非常に多いです。なぜかというとサラリーマンなどでの本業で十分生活していくだけのお金を稼ぐことが難しくなってきてしまっている現状があるからです。バブル崩壊後の不況やリーマンショック、震災など、様々な景気を悪化させる要因があったのです。確かに最近ではアベノミクスの好影響があり、株価や大手企業の売上の上昇が見られます。けれどもこういったものが決して私たちのような労働者に給料として還元はされていないのです。そのためFXで少しでも生活の足しにしようと考える人は多いのです。中にはFXを本業にしている人も存在していることは事実です。けれどもこういった人々はごく一部に過ぎません。なぜかというとリスクがあまりの大き過ぎるからです。本業とするとなると扱う金額も当然、大きくなってしまいます。すると負けてしまった時の失う金額があまりにも多過ぎることになってしまうのです。
そんなFXで実際に収入を得た場合には、当然収入を得たということなので所得税を支払わなければなりません。所得税を支払わないと、法律違反をして国に背いているということになってしまいます。犯罪です。ここは気を付けなければなりません。確定申告では1月1日から12月31日までの得た収入を翌年の3月16日までに申告しなければのです。所得がどれくらいあるのかを計算し、専用の用紙に記入をして税務署に提出するということです。サラリーマンの場合や、自営業の場合、アルバイトの場合など職業の立場によって方法が変わってきてしまう複雑なものです。そのため自分がどの区分にあてはまるのかをしっかりと理解しなければなりません。また中にはサラリーマンではあるものの、副業禁止の会社に内緒でFXを行っているというケースもあるかと思います。そういった場合は、普通徴税という方法を実践すればバレずにFXの収入の確定申告ができます。しかも住民税に関する事項という欄があるのですが、そこにある自分で納付するという所にチェックを入れるだけなので、とても簡単です。