GMOクリック証券のFXネオのスプレッドについて

GMOクリック証券のFXネオのスプレッドについて

安全性の高い資産運用の方法として高い人気を誇っていた定期預金などの預金商品ですが、ここ数年の間にどんどん預金金利が低下していったことや増税や社会保険料の値上げによって生活のための資金需要が高まったこと等が複合的な影響し、今日では多少のリスクは伴うものの、より効率的な資産運用方法であるFX等の投資に人気と注目が集まっています。
FXは取引の対象が通貨となっているので急激な価格暴落のリスクもありませんし、24時間取引が可能ということもあって多くの人が取引に参入をしているのです。

 

FX取引を行なうためにはFX業者を選んで専用の取引口座を開設する必要があるわけですが、この業者選びが非常に重要な意味を持ちます。
FX取引には取引手数料やスプレッドと呼ばれる手数料を支払う必要があるわけですが、これらの手数料はFX業者によって異なるため、どのFX業者を選ぶかによって運用によって得られる利益に差が生じることとなるのです。

 

取引手数料が無料な上に業界屈指のスプレッドの狭さ、取引のしやすさなどから多くの投資家から好評を得ているのがGMOクリック証券のFXネオとなります。
GMOクリック証券のFXネオは原則として全ての取引銘柄で取引手数料が無料となっていますし、スプレッドも例えば米ドルと円ならば原則固定で0.3銭となっているのです。
FX業者の中では米ドルと円のスプレッドが固定制で1銭としている業者も多く、それらの業者と比較するとGMOクリック証券のFXネオが如何にお得かということがよくわかります。

 

実際に運用例を挙げてコストを計算していますと、10万通貨単位で米ドルと円の取引を10回行った場合、GMOクリック証券のFXネオの場合スプレッドが0.3銭ですので発生するコストは3000円となります。
一方でスプレッドが1銭のFX業者の場合は1万円のコストが発生するため7000円もの差額が生じるのです。
特に頻繁に取引を行う場合は更にこの差額が広がることとなるので、GMOクリック証券のFXネオでの取引が非常にお得となるのです。