FXを利用してちょっとしたお小遣い稼ぎを伝授

FXを利用してちょっとしたお小遣い稼ぎを伝授

FXを利用してちょっとしたお小遣い稼ぎをする方法をお伝えしたいと思います。
FXにはスワップポイントといって通貨毎の金利差で得られるものがあります。
一つ例を挙げます。
仮に1豪ドル(オーストラリアドル)が100円とします。
また公定歩合(オーストラリアでは別の言い方をしますがこの場では日本での言葉を使用します)が
オーストラリアは3%、日本は0.5%とし、1,000豪ドル購入したとします。
そうした場合、1年間で発生する金利は豪ドルの場合、
1,000豪ドル*3%=30豪ドル
30豪ドル*100円=3,000円 ←これが一年間で得られる金利です。
ただ豪ドルを買うということは円を売ることになりますので
利息を払うことになります。
1,000豪ドル*100円*0.5%=500円 ←これが一年間で支払う利息です。
つまりその差額の2,500円が収入となります。
ここまでの説明は為替手数料の違いはありますが、外貨取引とさほど違いはありませんが
ここからはFXと外貨取引の違いがあります。
外貨取引はレバレッジの概念がないので、出資金分のみしか外貨が購入出来ませんが

FXの場合は25倍までは可能です。
急にレバレッジとか25倍とか言われてもピンとこないと思いますのでここでも例を挙げて説明いたします。
先ほどの例ですと1,000豪ドル購入するのに
1,000豪ドル*100円=100,000円必要でした。
購入した外貨の金額と出資した日本円が1対1なのでレバレッジは1倍となります。
では10倍の場合はどうなるのでしょうか?
先ほどの場合と同じにすると10対1になればレバレッジは10倍になります。
1,000豪ドル*100円=10,000円 となります。
今までレバレッジ取引を経験したことが無い方には不思議な感じがするかも知れませんが
これは詐欺でもなんでもなく、普通に認められている取引で「証拠金取引」と言われるものです。
実はちょっと前までは100倍なんてものも認められていましたが、個人投資家を保護するために
25倍までに制限がかかってしまいました。
ちょっと脱線してしまいましたが1,000豪ドルを買って2,500円の収入を得ることには変わりはありませんが
投資効率が違います。
1倍の場合は100,000円が必要でしたので
2,500 ÷ 100,000 = 2.5%

10倍の場合は10,000円が必要でしたので
2,500 ÷ 10,000 = 25%
ご覧のようにレバレッジの分だけ投資効率が上がりました。

 

ただ、ここでは説明を省きますがその分だけリスクが10倍になりました。
別の言い方をすれば為替レートの変動による出資金への影響が10倍になったので
利益も損失も10倍になりました。
こういった事を理解した上でFX取引をすれば、効率の良いお小遣い稼ぎが可能です。

 

 

最後に一点だけ。
これは投資商品なのでリスクが伴います。自己責任でお取引ください。